福山市の歯科、インプラント、審美歯科ならブランデンタルクリニック

ブランデンタルクリニック

Gallery  ギャラリー

演劇鑑賞

舞台「MIDSUMMER CAROL〜ガマ王VSザリガニ魔人〜」パンフレット4月17日(木)午後から休診ということで、私は広島厚生年金会館で行われる舞台「MID SUMMER CAROL〜ガマ王VSザリガニ魔人〜」を観にいきました。
ミュージカルは何度か観たことはあるのですが、舞台はこの日が初めてでどんなものかと期待に胸膨らませました。

物語は偏屈じいさんと絵本好きの少女が起こすひと夏の奇跡――04年に初演された後藤ひろひとさんの脚本で笑いにあふれた感動作です。  自殺未遂を繰り返す俳優や、銃弾を受けて担ぎ込まれたヤクザら何かと問題のある入院患者を抱えた都内のとある大病院。中でも、会社社長・大貫はわがまま、偏屈で、皆が接し方に困るほどのクセ者だった。ちょっと会話をしようと思おうものなら、「お前が私を知っているというだけで腹が立つ」と得意の文句を吐かれて、追っ払われる。そんな大貫に、難病を抱えた少女・パコだけは不思議と物怖じせずに、好きな絵本を読んでもらおうとするのですが……。

私は話の中盤から泣いてしまい、最後は涙が止まりませんでしたが、見終わったあとは何だか気分がスッキリして心がきれいになったかのようです。また、舞台俳優さんたちの迫真の演技を目の当たりでき感動です。笑いあり、涙ありで素敵な時間が過ごせました。

この舞台の公演は終わってしまったのですが、今年の秋にこの物語の映画「パコと不思議な絵本」が公開されるそうです。気になった方はそちらをご覧になってはいかがでしょうか。