〒721-0942 広島県福山市引野町1丁目19-3
084-940-5900
スタッフ募集!! 歯科衛生士 大募集!パート可!!
トップページ院長紹介スタッフ紹介コンセプト院内紹介アクセス求人

イベント

福山市の歯科|キッズイベント、勉強会、母親教室、ミーティング

料金表

ギャラリー

インプラントガイド

TOOTHFAIRY

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

TOP»  イベント»  ミーティング

ミーティング

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

第100回 鶴栄会 合同ミーティング

第100回 鶴栄会 合同ミーティング
平成30年3月15日(木)

歴史ある合同ミーティングが、本日100回目を迎えました。
朝から、衛生士・受付の勉強会をした後、理事長が作成した『プチムービー』の上映がありました。
たくさんの写真を、初期メンバーは懐かしみ、まだ鶴栄会に入社して間がないスタッフは先輩達の若さ!?に驚き、時に笑いが起こりつつの楽しい上映会となりました。

理事長は睡眠時間を削って作成して下さったそうです。
楽しい時間をプレゼントして頂き感謝です。

上映会の後、場所を移し、『ヴェルデュ都』にて『合同ミーティング100回記念ランチパーティー』が開催されました。

ちょっとだけおしゃれをしたスタッフ、料理はもちろんの事、100回目という節目に花を添えてくれました。

この日、リーダー達はスタッフへのサプライズを準備していました。
日頃、頑張ってくれているスタッフひとり一人に感謝状を贈りました。
各医院特色のある感謝状で、笑いあり!?涙ありの素敵な会になりました。

今日の主役はスタッフです。

理事長は会場の端の方で時折、ハンカチで涙をぬぐいながら見ていました。

あっという間にランチパーティーも終わり、会場にはこれからも鶴栄会を盛り上げていこうという余韻でいっぱいでした。

『常に最先端の技術を提供し続けます。』
これからも合同ミーティングを通しいろんな技術、考え方を勉強出来たらいいなと改めて感じました。

2018-03-23 11:54:48

第99回 鶴栄会 合同ミーティング

第99回 鶴栄会 合同ミーティング
平成30年2月22日(木)

平昌オリンピックも終盤を迎え、日本中が盛り上がっている時、合同ミーティングは開催されました。

理事長の挨拶も、オリンピックにまつわる話。メダルを首に下げた選手たちが、口々に言ったセリフは、
「このメダルはサポートしてくれた人がいたからとれたメダル。皆に感謝の気持ちでいっぱいです。」
会社の組織も同じで、一人では出来ない事も皆でフォロー出来れば大きな形になる。
感謝の気持ちを忘れず日々頑張りましょうと、熱いメッセージでした。


早速、勉強会です。
今日、初めての発表になる柴田さんです。


砂田歯科医院 発表者:柴田さん
演題『薬物性歯肉増殖症について』

元気に毎日を過ごす為に、お医者さんから処方された薬を飲んでいる方は多いのではないかと思います。
飲んでいるお薬によって、歯肉が増殖し、歯磨きが難しく、お口の中を清潔に保つのが困難になるそうです。

お医者さんに相談して、効果を変えず薬を代えてもらえるならそうして頂く。

プロフェッショナルのケアが大切なのはもちろんですが、セルフケアもしっかりして、お口の健康を維持しましょうと、初めての発表でしたが堂々として、しっかり自分の想いを伝えていました。今後の発表も楽しみです。


続いては、ブランデンタルクリニック福山の延永さんです。


ブランデンタルクリニック福山 発表者:延永さん
演題『素敵な笑顔の作り方~苦手な患者さんを克服しよう~』

今回、私も少し関わらせてもらい、ちょっと変わった試みでの発表となりました。
十人十色いろんな人がいる中で、誰しも「ちょっと苦手かも」という人は必ずいるのではないでしょうか。
そんなちょっと苦手な人からもらった言葉と笑顔で、一歩踏み込んだ対応をしてまずは、自分をそして、みんなを笑顔に出来るよう、実験と称してトライしたことを発表しました。
まだまだ学ぶべきところ、改善しないといけないところはたくさんありますが、今回の気付きを大切してもらって、一緒に笑顔を広げていければと再確認しました。
『笑顔が溢れるクリニックにしたい。それが私達全員の願いです』初心を忘れずです。


春もすぐそこ、虫が目を覚ます啓蟄を迎えます。
私達も、フルパワー全開で仕事に邁進出来ればと思います。

3月は『100回目のミーティング』です。きっと楽しいお話が出来ると思います。
楽しみにしていてくださいね。

2018-03-06 12:42:33

第98回 鶴栄会 合同ミーティング

第98回 鶴栄会 合同ミーティング
平成30年1月18日(木)

今年初めての鶴栄会のミーティングが始まりました。
新年初めてのミーティングは毎年3医院合同と決まっています。
そして必ず決まっているのは、鶴栄会・各医院・各リーダーの医院目標の発表です。

鶴栄会『考える人になろう』
砂田歯科医院『一つひとつの事を考えて行動し、自分の行動に責任を持つ』
ブランデンタルクリニック福山『病院力』
ブランデンタルクリニック加西『初心忘るべからず』


今年1年大きな目標を胸に焼き付けて日々精進出来たらと思います。


さて、勉強会が始まりました。



砂田歯科医院 『講習会で学んだ事』 発表者:杉原さん

講習会の参加率は、鶴栄会のトップなのではないでしょうか。そんなベテラン衛生士さんのお話です。
私の印象に残ったお話は、デンタルガムの事です。
皆さんもよく知っている、キシリトール・リカルデント・ポスカF、もしかしたらポスカFは初めてという方もいらっしゃるかもしれませんね。
好みもあるかもしれませんが、目的によって使い!?噛み!分けてるといいかもしれません。
虫歯予防には、キシリトールガム。
エナメル質の白濁や初期虫歯には、リカルデントやポスカF。
なるほど!普段何気なく選んでいたけど、効果の違いもあったんですね。

ブランデンタルクリニック福山 『なぜ青学はこんなにも強いのか?』 発表者:花本さん

お正月の箱根駅伝を楽しみにされている方は多いのではないでしょうか。
今年も優勝!4連覇!選手が一番すごいなと思いますが、指導者の原先生もすごく素敵な人ですよね。
そんな原先生の本を読んで、思い付いたそうです。
今年の鶴栄会の目標は「考える人になろう。」考える人とは・・・相談が出来る人!
相談までに、至る過程に必ず自分の意見が入っている事が大事だというお話でした。
普段何気ない相談に自分の意見や周りの意見いろんな事を踏まえて相談出来ているだろうかと考えさせられる発表でした。

ブランデンタルクリニック加西 『口腔ガン』 発表者:花田先生

口腔ガンの死亡率は46.1%。日本だけ増加傾向にあるそうです。
アメリカでは、早期発見・早期治療を徹底する事で、罹患率はあまり変化ないそうですが、死亡率は19.1%と減少しているそうです。
口腔ガンは初期に治療出来れば、5年生存率が90%近くあるという報告もされているそうです。
初期症状も少し痛みを伴うくらいなので、大切なのは定期的な検診です。
おかしいなと感じたら、ぜひ受診して下さいね。

そして、症例発表です。


砂田歯科医院 『審美症例』 発表者:亀田さん

前歯の変色を気にされて来院された患者さんに、寄り添いながら治療をしたお話でした。
前歯に悩みを抱えている患者さんは、多くいらっしゃいます。
どれだけ、寄り添う事が出来、満足して頂けるか貴重な話を聞くことが出来ました。

砂田歯科医院 『インプラントを用いた咬合修復』 発表者:砂田先生

初診時の主訴は、「かぶせがとれた」との事。フルポーセレンセラミックの患者さんでした。
下顎8本の大きなインプラント処置となりました。完成までに約1年半という歳月をかけたのは、患者さんの仕事も考慮されていたようです。
ただ、処置をすればよいという考え方ではなく、患者さんに寄り添い、治療を進めるという大切さも一緒に学ぶ事が出来ました。

最後に、2017年アイアンウーマンの発表です。
体調管理をしっかりし、病欠する事をなく、どんな事情があろうと遅刻も早退もない
そんな『鉄の女』に贈られる賞です。
武澤さん、川上さん、佐藤さん。
武澤さんは、毎年受賞されています。
患者さんや、職場のスタッフに迷惑をかけないように体調管理はしっかりしていきたいと思いました。


2018年のスタートらしく盛りだくさんの内容でした。
来月は、どんな合同ミーティングになるでしょうか。


また、お話出来るのを楽しみにしています。

2018-01-25 10:25:02

第97回 鶴栄会 合同ミーティング

第97回 鶴栄会 合同ミーティング
平成29年12月7日(木)

有線放送もクリスマスソングが流れ、町もクリスマス一色となり、寒さも厳しくなりました。
そんな中、今年最後の3医院合同のミーティングが始まりました。
12月は恒例のワークショップが開催されました。

いつも仕切って下さるのは加西の院長、花田先生です。
今回は、何の告知もなくファシリテーターや、お題が当日発表されました。

ファシリテーターを任されたリーダーはドキドキ、お題を選んで臨んだワークショップでした。

12月:第97回 鶴栄会 合同ミーティング 12月:第97回 鶴栄会 合同ミーティング

歯科関係の話題ではなかったのですが、
歯科に応用できる素材でみんな真剣に時には笑いながらのワークショップとなりました。

鶴栄会全体で話合える機会は早々ないので、これからもこんなワークショップを大切にしていきたいなと思います。

今年も残すところ後3週間あまり、今年の目標の反省と来年度に向けての目標を考えながら
2017年を締めくくりたいと思います。

2017-12-14 09:20:00

第96回 鶴栄会 合同ミーティング

第96回 鶴栄会 合同ミーティング
平成29年11月16日(木)

紅葉も終盤に差し掛かり、北日本では雪の便りを聞く季節になりました。
急な寒さで体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。

さて、毎月恒例のミーティングが開催されました。
ホワイトツリー越しの三―ティングは、冬の寒さを吹き飛ばすそんな勉強会でした。

11月:第96回 鶴栄会 合同ミーティング

理事長の挨拶は、この時期らしく『インフルエンザに気を付けるように』と体調管理の話題でした。

今日の発表は、ベテラン衛生士と今年入社した衛生士のお話です。
(笑)!?と緊張感溢れる素敵な発表になりました。

 

〇演題:『エナメル質形成不全』 砂田歯科医院 発表者:亀田さん

『こんにちは!』と、とても元気のいい挨拶で始まりました。
皆さんは、「エナメル質形成不全」という言葉を聞いた事はありますか?
なかなか専門的で、難しい言葉です。
症状として、前歯が不透明に白濁したり、奥歯が噛む力で欠けて虫歯のリスクが高くなります。
原因は、栄養不良や、母親が妊娠中に服用した薬の副作用だそうです。
エナメル質形成不全の歯は、油断大敵で虫歯の進行も早いようです。
大切なのは、定期的な検診です。
最近、歯医者に行ってないかも…お口の中で気になるところはありませんか?
鏡で見て、気になったらまず相談して下さいね。

11月:第96回 鶴栄会 合同ミーティング

 

ベテラン衛生士の後は、発表前から緊張していた今年入社の衛生士です。

11月:第96回 鶴栄会 合同ミーティング

〇演題:『35%ホワイトニング』 ブランデンタルクリニック 発表者:中村さん

緊張気味の中村さんでしたが、ホワイトニングの症例をゆっくり丁寧にプレゼンしてくれました。
ホワイトニングに興味のある方も多いのではないでしょうか。
ブラン福山は、ホワイトニング症例数も多く、『歯をきれいにしたい』と悩みと希望を持ち来院される方が多くいらっしゃいます。
そんな中で今回は、矯正後のホワイトニングの症例を発表してくれました。
35%シリンジは、寝る前に2時間行います。
施術1回で2段階程、白さがアップしたそうです。
早く白くきれいになる分、知覚過敏も起きやすいですが患者様一人ひとりに合ったホワイトニングが出来るようにサポートしていきたいと心強い言葉を聞くことが出来ました。

勤め始めて約半年が経ち、仕事はもちろんのこと、社会の厳しさだったり、いろんな事を素直に吸収し勉学に励んでいる姿には、私もしっかりしなくてはと初心を思い出させてくれます。
いろいろ大変なこともたくさんあると思いますが、これからの鶴栄会を共に、盛り上げてくれる新人の成長に先輩スタッフは心を揺さぶられたのではないでしょうか。

 

最後に、理事長のお話がありました。

11月:第96回 鶴栄会 合同ミーティング

〇演題:『治療計画の立て方』 砂田歯科医院 発表者:砂田先生

私たちの歯科医院に来て下さる患者様が、最後まで通院して頂けるようにするにはどうしたらよいか。
また、歯肉が赤く腫れていたら、歯磨きの仕方をアドバイスするだけでいいの?生活の事など、バックヤードの情報の聞き取りも大切だよね。と、患者様に寄り添った治療・サポートが出来るように皆さん頑張って下さいというお話でした。

 

来月は師走。ワークショップが開催されます。
今年も残りわずか、思い残すことのないようにしっかり毎日を過ごそうと思います。

では皆さま、来月またお会いしましょう!

2017-11-21 12:47:45

第95回 鶴栄会 合同ミーティング

第95回 鶴栄会 合同ミーティング
平成29年10月

秋風を感じる季節になりました。最近まで半袖を着ていたのに、朝晩はすっかり寒くなりました。
3医院が集まっての久しぶりのミーティングが始まりました。
今日は、症例発表もある時間の濃い勉強会がスタートしました。

 

○演題:『歯周病経過』 ブランデンタルクリニック福山 佐藤さん

担当受け持ちの患者さんの症例発表でした。
症例発表というと、難しいと一歩構えてしまいそうな感じですが、しっかり歯肉の経過を追いながら、分かりやすく時に、(笑)を入れながらのお話でした。

第95回 鶴栄会 合同ミーティング

聞いていて思ったこと事は、患者さんとのコミュニケーションがしっかりとれていて患者さんも佐藤さんを信頼しているのだなと感じることの発表でした。人の心を掴むというのは、なかなか大変な事だと思います。上手にそれが出来ている佐藤さんはすごいなと感心しました。
まだまだこれからしっかり経過をおってケアしていく予定だそうです。
症例だけでなく、患者さんとの付き合い方も学べた発表でした。

 

続いて

○演題:『味覚』 ブランデンタルクリニック加西 武澤さん

久しぶりに会った加西のスタッフ武澤さんの発表です。
味覚という、興味をそそられる題材でした。
酸味や苦みは、子供が拒絶をする食べ物なので、無理に食べさせなくても良いそうです。
自然と年を重ねるごとに食べられるようになるそうです。
ちなみにわさびは、15才くらいになると食べられるようになるとの事でした。
子育て中のおかあさんも少しは肩の荷がおりそうですね。
無理強いすることなく、楽しく&美味しく食事が出来るといいですね。

第95回 鶴栄会 合同ミーティング

 

次は症例発表です。まずは、ドクターからの発表となりました。

○演題:『MTAを用いた直接覆髄症例』 ブランデンタルクリニック加西 花田先生

少し難しい言葉ですが、歯の神経をとらずに温存(残す)治療の事です。
歯の神経をとってしまうと、歯がもろくなったりします。神経が通っているのはとても重要な事なのです。
外傷性の場合ですと、成功率84~100%とかなり高い数値です。
虫歯の場合は少し数値が落ちるのですが、72.9~99.4%だそうです。
今後、希望する患者様が増えていくかもしれませんね。
気になった方いらっしゃいましたら、ぜひスタッフにご質問下さい。

第95回 鶴栄会 合同ミーティング

 

続いては、歯科衛生士の症例発表です。

○演題:『インプラント患者のメンテナンス』  砂田歯科医院 杉原美加子

インプラントをされる患者様は年々増加をしています。
その中で、衛生士だからこそ出来るメンテナンスについてのお話でした。
検査方法を確立する事で、患者様にいつまでも美味しい物を食べて頂けるように日々頑張っているそうです。

第95回 鶴栄会 合同ミーティング

 

最後に砂田理事長から、身だしなみを徹底して気を付けていきましょうというお話がありました。
鶴栄会は、29日が服の日となっています。もちろん常日頃から、身だしなみはきを付けているのですが、29日はみんなでチェックしてお互い声をかけあっています。
医療人としてはもちろんですが、社会人として清潔感と笑顔を忘れる事無く過ごしていければなと思いました。

 

早いもので、今年も後2ヶ月となりました。
今年の目標を振り返りつつ、来年度の目標を模索していこうと思います。

2017-11-02 19:11:00

第94回 鶴栄会 合同ミーティング

第94回 鶴栄会 合同ミーティング
平成29年9月14日(木)

大型の台風が近づいているからか、秋晴れというよりは、空には雲が多く、7月みたいな暑さもなく
快適にミーティングが始まりました。
理事長のお話は、『ジャパンネットタカタ』のキャッチコピーのお話でした。
時代とともに、変わりゆくキャッチコピーは、いつも時代を先取りしていて、

今のキャッチコピーは、「今に いいこと もっと、ずっと」

通販と言えば、何となく使い捨てのイメージ、修理に出すくらいなら、新しい物をと思っていた
消費者の心をグッとつかむ「自社で修理」をしているそうです。
なるほど、すごいなと。
私達も、朝礼で「常に最先端の技術を提供し続けます」というフレーズがあります。
あらゆる患者様のニーズに答えられるよう、日々努力しないと。と心に響く挨拶でした。

さて、勉強会の始まりです。
 

○砂田歯科医院 嘉見さん  
演題:『2017年 キッズ工作』

第94回 鶴栄会 合同ミーティング

 

毎年開催されるキッズ工作をパワポを使いながら、工夫点など説明してくれました。
おもしろいなと思ったのは、コースごとに別れて作品作りをするのですが、受付から各コースまでを
足跡の色紙を使って案内していました。
参加者も戸惑うことがなかったそうです。
来年は、どんな工作教室になるのやら、今から気合十分の発表でした。

続いて
 

○ブランデンタルクリニック 小野さん  
演題:『私のものは私のもの。あなたのものも私のもの』

何だ!!?って思いませんか?
なんてわがままな・・と、この演題だけだとそんなことを思われても仕方ありません(笑)

実は、病院のもの、様々な機械や器具、スタッフが使う消耗品まで、自分のもののように大切に使いましょう。節約しましょうというお話でした。

成程!ついつい、自分でお金を出していないものは深く考えない事が多いですよね。
だから、常日頃、あなたのものもわたしのもの!精神で意識しないといけないなと改めて気づかされました。

第94回 鶴栄会 合同ミーティング

今月は、セミナー参加の報告もありました。

 

○砂田歯科医院 亀田さん&ブランデンタルクリニック 藤井さん

1日に及ぶセミナーでしたが、細川孔先生のお話がメインで助手の方、衛生士のプレゼンもありました。
咬合の事など、いろいろ勉強になるお話があったようです。

第94回 鶴栄会 合同ミーティング 第94回 鶴栄会 合同ミーティング

 

最後に、砂田先生がこの間入れた、インプラントの新機種の説明をして下さいました。
『常に最先端の技術を提供し続けます』と朝礼でも言ってますので、みんな真剣に聞いていました。

第94回 鶴栄会 合同ミーティング

 

来月は、6月依頼の3医院合同ミーティングです。
久しぶりに加西のスタッフ達に会えるのも楽しみの一つです。
たくさんの意見が飛び交う、賑やかな会になるといいなと思います。

2017-09-20 18:11:49

第93回 鶴栄会 合同ミーティング

第93回 鶴栄会 合同ミーティング
平成29年7月13日(木)

梅雨が明けたのではないかと思うくらいの晴天、西日をジリジリと肌で感じながらの始まりとなりました。

理事長の挨拶も、空調管理に気を付ける事。
そして夏休みに開催する『kids工作教室』の参加者に感動してもらえるような教室にしましょう
と、準備している私たちの心にピリッと響く挨拶でした。

ピリッと締まった中で勉強会は始まりました。

 

○砂田歯科医院 発表者:坂倉明音  演題:『歯に関する歴史』

今では当たり前の『歯磨き』ですが、いつから始まったのか不思議に思い今回のテーマになったようです。

始まりは、インドで何と最初に提唱したのが、お釈迦様だったそうです。

弟子の口臭が気になり、指導をした事が現在の『歯磨き』に繋がっています。


道具は何を使っていたのか!歯木といって柳の小枝の一端を噛んで房状にしたもので磨いていたそうです。何とも痛そうですが。。


物事には始まりがあり、その不思議を追求していくのは楽しいなと思いながら聞いていました。

雑学が1つ増えたので、またどこかでお話出来るといいなと思いました。

第93回 鶴栄会 合同ミーティング

 

○ブランデンタルクリニック 発表者:川上さおり  演題:『ありがとうの魔法』

今回、初めての試み『本の紹介』という発表となりました。

その本は、理事長が私たちに進めてくれた物で川上さんの心にズシンと響いたようでみんなにも紹介したいという気持ちでこの発表に繋がったようです。

まさに演題が、この本の題名です。

『ありがとう』という言葉が素直に言えているでしょうか。

助けてくれてありがとう、応援してくれてありがとう、気遣ってくれてありがとう、、

ありがとうの前にはいろんな言葉がきます。その言葉には、相手・・誰かが必ず関わってくれています。

『ありがとう』の一言で、心がほっこりと次への活力となります。意外に身近な人ほど、『ありがとう』が伝えられていないのではないでしょうか。

改めて、伝えられているかなと思い返した瞬間でした。

第93回 鶴栄会 合同ミーティング

 

今月は症例発表もありました。


○ブランデンタルクリニック 発表者:花本沙矢子  演題:『審美特集』

審美歯科とは何か、誰にでも分かりやすくたくさんの症例を発表してくれました。
症例発表という枠にはまらない発表の方法でした。

どういった方法で治していくか、ベストな形を見つけ提案していく、最終的には患者様が笑顔になっている。そんな素敵な仕事に携わっているんだなと改めて感動しました。

 

○ブランデンタルクリニック 発表者:三阪院長  演題:『前歯部審美』

前歯の審美症例の発表でした。

やはり前歯は特にみなさん気になっていらっしゃるんだなと思いました。
患者様の聞きたくても聞きにくい事、そういった声を拾っていかないといけないなと改めて思いました。

 

○砂田歯科医院 発表者:砂田理事長  演題:『MS式床装置を用いたMTM』

MTMとは、マイナートゥースムーブメントといい、局所で歯列を改善する事です。

取り外し可能の透明なマウスピースをはめて歯列を改善していきます。

現在も数名の患者様が治療しています。

歯並びが改善されると、見た目だけでなく食事もしやすくなったりと相乗効果もあります。

最終的には医師の判断にはなりますが、こんな事が出来るよと情報をお伝え出来るといいなと思いました。

第93回 鶴栄会 合同ミーティング

 

最後に、『小豆島 旅のスクラップブック』の賞金授与式がありました。

鶴栄会では旅行の時、必ず『お題』が出てそれが旅の宿題となり、まとめた物がスクラップブックとなります。

前回も少しお話致しましたが、どれも素敵で甲乙付け難いのですが1~3位は選考されて晴れて受賞の運びとなりました。


1位 藤井さん(ブラン) 2位中村さん(ブラン) 3位本山さん(砂田) 思い出賞 武澤さん(加西) アイデア賞 坂倉さん(砂田)

おめでとうございます!

第93回 鶴栄会 合同ミーティング

 

晴れやかな気分で、7月のミーティングも終わりとなりました。

来月は、『kids工作教室』のため勉強会はお休みとなります。

現在、イベントに向けスタッフ一同、準備に励んでおります。

皆様が笑顔で楽しんで頂けるように、今年の工作はたくさんの感動を感じていただけると嬉しいです。


では、また来月、皆様にどんなお話をお届けする事が出来るか、今から楽しみにしています。

2017-07-20 19:07:49

第92回 鶴栄会 合同ミーティング~ワークショップ~

第92回 鶴栄会 合同ミーティング~ワークショップ~
平成29年6月15日(木)

梅雨入り宣言したにも関わらず、日差しも強く、それにつられ気持ちもヒートアップ!『初夏 ワークショップ』が始まりました。

限られた時間でのワークショップになるので、チーム分けやテーマの説明を受けファシリテーターの指示のもと、急ぎ早に始まりました。

今回は、4~5名・5つのチームに分かれました。
ファシリテーターは、事前に準備した材料を使い、話をすすめ、みんなで考え、結論を出して行きます。

会を重ねるごとに、参加スタッフの発言も自然と出るようになったと思います。
こうして自分の意見が伝えやすい職場になっていくと、患者さんのために私たちが出来る事が、自ずと見えてくるような気がします。

まだまだ試行錯誤なワークショップですが、自分たちで考えた事が形に出来たらいいなと思います。

次回の開催は、12月です。
どんなワークショップになるのか、今から身が引き締まる思いです。

第92回 鶴栄会 合同ミーティング~ワークショップ~

2017-06-23 10:05:08

第91回 鶴栄会 合同ミーティング

第91回 鶴栄会 合同ミーティング
平成29年4月13日(木)

桜の花びらがヒラヒラと舞う天気の良い日、久しぶりの3医院合同のミーティングが開催されました。
砂田歯科は、午後から診療もある中で盛りだくさんの内容でした。

まずは、新人スタッフの紹介です。
今年は、卒業したばかりのフレッシュな衛生士さんが新しい仲間として加わります!

砂田歯科の柴田さんとブランデンタルクリニックの中村さんです。
初々しい2人に、ウン十年前の自分を重ねつつ、初心の気持ちを思い出しました。
共に、鶴栄会をもりあげましょうね!まだまだ負けてはいられません(笑)

第91回 鶴栄会 合同ミーティング

この度、鶴栄会では新しいプロジェクトを立ち上げる事になりました。
構想を練りに練っていた武澤さんの報告発表です。

その名は『マタニティクラブ』主に妊婦さん~3歳児までが対象となります。
武澤さんを中心に、砂田歯科の坂倉さん、ブランデンタルクリニックの藤井さんと担当分けをし、リーフレット作りを現在も進行形で頑張っています。

第91回 鶴栄会 合同ミーティング

新しい事業を立ち上げるのは労力のいる事です。

いろいろ苦労も多いと思いますが、私達もバックパップをしつつ、初版を待つばかりです。

ぜひ、楽しみにお待ちください。

急ぎ早に、勉強会が始まりました。

ブランデンタルクリニック  発表者:槇田さん&野村さん
演題:『つなぐ革命』

リコール(定期健診)の仮予約を取り入れて、約2年が経ちました。
試行錯誤しながらの取り入れでしたが、患者様の間でも定着してきたように思います。

今回は、受付の野村さん&衛生士の槇田さんの背高コンビ(170cm)別名:アンデス山脈の2人が個々の仕事・患者様との接し方の話をしてくれました。

改めて、受付サイドでのリコール管理・はがき作成・事前電話での来院確認と、デジタルな今日において、アナログ的な仕事をこなし、大変だと思うのですが、患者様からの、「はがきありがとう」「電話ありがとう」の一言に苦労も吹っ飛ぶようです。

また、衛生士サイドでは患者様一人一人を大切にして治療をしているということが伝わってきました。『私たちの仕事は歯を診ることではない。人をみる事です。』というフレーズに心にズシンと響きました。理事長の名言集の一説です。

確かに、衛生士さんと患者様の会話がよく聞こえてきます。
受付では、大人しい方が衛生士さんの前だと快活にお話されたりと、今のお口の状態を伝えでは、こうしていきましょうか、出来るかな、こんなのはダメかなと会話が途切れません。

笑顔で帰られる患者様にホッとし、また笑顔で帰って来てくれるスタッフみんなが幸せだなと感じる瞬間です。
まだまだ、道の途中です。試行錯誤しながら、また近況を報告してくれるのを楽しみに待っています。

つなぐ革命

ブランデンタルクリニック加西  発表者:花田先生
演題:『オーラルフレイル』

皆様は『フレイル』という言葉を聞いた事がありますか?
フレイルとは、高齢者が筋力や活動が低下している状態(虚弱)のことをいいます。
その言葉を聞いて、私の両親が頭に浮かびました。確かに、歩くのが遅くなったり、何をするにも時間が掛かってしまいます。
まさに、フレイルの状態だと認識しました。
オーラルとは、口のという意味です。オーラルフレイルは、全身のフレイルの入口なんだそうです。だから、早くオーラルフレイルに気付いてあげることが大切との事でした。
なぜなら、フレイルの状態であれば、健康な状態に戻る事が出来るからです。
まずは、身近な高齢者から気にしてあげられるといいですね。

『健口から始まる介護予防』頭の隅に入れておいて下さいね。

オーラルフレイル

最後に、症例発表です。

砂田歯科医院  発表者:亀田さん
演題:『審美歯科症例』

テトラサイクリン系の審美のお話でした。
オフィスホワイトニングをして、その後、レジン充填を施術し、患者様も満足されたそうです。しかし、レジン充填したところが欠けてしまい、患者様と話をした結果、かぶせで治していくことになったそうです。
難しい症例は、患者様とのしっかり話をし、信頼関係があってからこその治療だなと改めて思いました。

審美歯科症例

ラストを飾るはずでした砂田理事量の症例発表ですが、機械のトラブルにより後日ということになりました。

来月は、医院旅行です。楽しい報告が出来るかなと今から楽しみです。

2017-04-20 10:58:49

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

バックナンバー

pagetopへ戻る